ポンド/ドル(GBP/USD)は下値限定的で1.28$まで下押しされ反発するシナリオ?それとも移動平均線が抵抗?、テクニカル分析 2019/11/06

ポンド/ドル(GBP/USD) テクニカル分析

■4時間足でポンド/ドルを分析すると

10月21日に1.3$の高値を付けてからは上値が重たく、基本的に1.30$から1.28$のレンジ内で推移しています。

また、1.28$のサポートラインは2019年5月21日と6月25日の日足高値となることから意識されているラインと推測します。

今後の動向として、再び、1.28$付近まで下がった後、1.28$が抵抗となり再び、1.3$を目指すシナリオと移動平均線のSMA100が位置する1.2860$付近が抵抗となり1.28$まで下げずに1.3$を目指すシナリオを過程します。

基本的に上昇トレンド基調にあるので、下値は限定されると推測します。

■ポン/ドドル サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン1:1.3000$

サポートライン1:1.2800$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*