ポンド/ドル(GBP/USD)は日足と週足で抵抗となる箇所があることから下げ止まるか?テクニカル分析 2019/10/01

ポンド/ドル(GBP/USD) テクニカル分析

■日足でポンド/ドルを分析すると

先週は1.2270$付近で下げ止まったことで、週初めの月曜日の相場は、じり高となっていましたが「英政府はEU離脱を巡る新たな提案が完成。今週3日にもEUに提出される可能性がある」との一部報道が伝わるとショートカバーが入り一時、1.23$まで上昇しました。

また、4−6月期英国内総生産(GDP、前年比)改定値 は+1.3%と速報値+1.2%から上方修正されたものの、市場の反応は限定的でした。

今後の動向として注目されるのは、まず、何処に下値抵抗があるかということですが、日足では移動平均線のSMA50と一目均衡表の基準線、そして、週足の一目均衡表の転換線が1.2250$付近にあることからこの辺りには大きな抵抗があることが示唆されていますので、このラインを下抜けた場合は、大きく下落することが予測されます。

■ポン/ドドル サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン1:1.2350$

サポートライン1:1.2250$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*