ポンド/ドル(GBP/USD)は約2年6カ月で底値 1.1986$から反発した後同水準まで戻った。テクニカル分析 2019/09/03

ポンド/ドル(GBP/USD) テクニカル分析

■週足でポンド/ドルを分析すると

本日、英議会とジョンソン英首相の対決懸念、解散・総選挙への警戒感から1.2$を割り込み1.1957$まで大幅に下落し、2017年1月の安値 1.1986$を下回りました。

これは約2年6カ月で底値 1.1986$から反発し2018年4月に高値 1.4376$を付け2019年9月に2017年1月と同水準まで戻ったことになります。

現在のポンド/ドルの値は英首相報道官が「ジョンソン英首相は総選挙を望んでいない」と発言したこと、英保守党造反派が緊急討議を要求したことで1.2$台まで戻しています。

しかし、依然として下降トレンドが継続していること、オシレーター系のRSIも50%を割り込み右肩下がりで下がっていることから下値模索の余地はまだありそうですが、1.2$台付近には下値を支える抵抗があること、2017年1月も1.2$を割り込んだあとは上昇へと転機したことから下げ止まるか否かが注目されます。

■ポン/ドドル サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン1:1.2300$

サポートライン1:1.2000$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*