ポンド円(GBP/JPY)は急伸したことでエリオット波動の第3波が確定!次は4波発動するか?テクニカル分析 2019/10/17

ポンド円(GBP/JPY) テクニカル分析

■ポンド円を日足で分析すると、

先週から上昇基調が継続しているポンド円ですが、6日間で約10円上昇したことで130.72円の安値から一時 高値 141.50円まで値を伸ばしました。

昨日は、民主統一党(DUP)が最新の離脱案を受け入れる可能性があるとの報道を受けて、急伸しましたが、「DUP(民主統一党)による最新提案の受け入れで英・EU離脱に関する合意への障害は解消へ」との発言で失速しました。

今後の動きとして、エリオット波動理論では、既に第3波が発動しているので次は第4波になるが、第4波が第1波の高値を割り込むことはないという理論では135.60円を割り込まない限りはもう一段階上昇する可能性もあります。

■日足ポンド円(GBP/JPY) サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン:141.50円

サポートライン1:135.60円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*