ポンド円(GBP/JPY)は日足でダブルボトムが形成されネックラインを抜けたのでさらに上昇か?テクニカル分析 2019/09/06

ポンド円(GBP/JPY) テクニカル分析

■ポンド円を日足で分析すると、

今週前半は下げ基調で一時、126.66円の安値を付けたことで8月12日に付けた安値 126.53円に迫る勢いでしたが下げ止まり、その日のローソク足は長い下ヒゲ付きの陰線が形成されました。

長い下ヒゲ付きの陰線が形成された翌日から2日間続伸し、大陰線が形成され一目均衡表の基準線&転換線を上へブレイクしています。

これは英議会での超党派の「離脱延期法案」の可決・ジョンソン英首相の「総選挙実施」の否決を受けたことで「合意なき離脱」リスク低下し、ポンド急上昇しました。

現在の値は移動平均線SMA50で上値を抑えられおり、132円手前で膠着地合いが観測されていることで調整感が漂う動きとなっている。

■日足ポンド円(GBP/JPY) サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン:132.20円

サポートライン1:129.50円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*