ユーロドル(EUR/USD)は下降トレンド中の上昇で移動平均線のSMA50で上値を抑えられたので戻り売りのチャンス?テクニカル分析 2019/10/21

ユーロドル(EUR/USD) 分析

■ユーロドルを日足で分析すると、

1.10000$を超えた後は数回、押し戻される場面がありましたが、1.1$付近の強い抵抗により下値が支えられ、反発してからは1.11$も超え、1.1170$付近まで先週は上昇しました。

この上昇で、ユーロドルは4日続伸したことになりますがこれは、英国とEUの新離脱案合意で、ユーロ圏がリセッション(景気後退)入りを回避できるとの期待が高まりユーロ優先となり8月14日以来約1カ月ぶりの高値を付けました。

今後の動向として、一旦調整が入った場合も、1.11$付近で下値が支えられた場合は、さらに上値の1.12$を目指す可能性がありますが、1.12$付近には日足の移動平均線のSMA200が位置していること、過去に数回意識されたポイントになることから簡単には上抜けは難しいと想定します。

■日足 レジスタン&サポートライン

レジスタンスライン:1.1200$

サポートライン:1.10000$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*