ユーロドル(EUR/USD)は1.11$~1.10$のレンジで推移しているが下降型三角持ち合いが形成された。?テクニカル分析 2019/09/23

ユーロドル(EUR/USD) 分析

■ユーロドルを4時間足で分析すると、

先週は乱高下落した相場でしたが1.11$~1.10$のレンジで推移し、下値は1.10$で支えられていますが高値は切り下げて来ていることから4時間足ではサポートラインと下降トレンドラインで形成された下降型レジスタンスラインが形成されています。

また、1.10$を割り込んで反発し1.10$まで回復してからは一目均衡表の雲から見てもレンジ相場であることが示唆されています。

週末の金曜日はメルケル独首相が「ドイツは均衡予算を堅持する」などと述べるとユーロ売りとなりましたが米中貿易協議の進展期待が後退し米株安と米金利低下が進むとユーロ買いとなったこと下降トレンドラインを超えることが出来るか否かに注目しながら方向性を模索したい。

■日足 レジスタン&サポートライン

レジスタンスライン:1.1100$

サポートライン:1.1000$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*