ユーロドル(EUR/USD) テクニカル分析 2019/06/20

ユーロドル(EUR/USD) 分析

■ユーロドルを日足で分析すると、

先日の注目イベントの米連邦公開市場委員会(FOMC)でハト派的な米連邦公開市場委員会(FOMC)声明を受けて1.12$をブレイクし一時、1.1253$まで値を伸ばしましたが移動平均線SMA100付近の1.1250$が意識され押し戻されました。

しかし、本日は、堅調に推移し、先日の高値 1.1253$をブレイクしたことで先日意識されていた移動平均線SMA100もブレイクし、堅調に値を伸ばしています。

また、上値には、1.1290$に売りオーダー、下値には、1.1250$、1.1225$と1.1200$にNYカットオプション、1.1200$以下には買いオーダーが控えていることから底堅いイメージとなっています。

今後の動向として、本日の終値が移動平均線のSMA100を終値で超えた場合、底堅いことが示唆され、1.1290$の売りオーダーもブレイクする勢いをつける可能性があります。

■ユーロドル(EUR/USD) 日 レジスタン&サポートライン

レジスタンスライン:1.1290$

サポートライン:1.1250$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*