ユーロ/ポンド (EUR/GBP) は日本時間25時ロンドンフィキシング前後でどう動く?テクニカル分析 2019/10/31

ユーロ/ポンド テクニカル分析

■ユーロ/ポンドを4時間足で分析すると

先週から0.8675~0.8570の間で推移しており、本日、英国が欧州連合(EU)を離脱するはずだったが離脱延期が決まった事で大きな動きは見られませんでした。

相場の流れとしては、移動平均線のSMA200、SMA100、SMA50でパーフェクトオーダーが形成されていることから下降トレンドが発生していますがサポートラインとして認識されている0.8570で下げ止まっていることから、今後の動向として、このレンジを大きく抜けた方向に動くと推測します。

また、本日は月末ということ、日本時間25時ロンドンフィキシング前後は急激に動く可能性があるので急変動に注意が必要です。

■ユーロ/ポンド 日足サポートライン

レジスタンスライン1:0.96750

サポートライン1:0.85700





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*