ユーロ円(EUR/JPY)は? ダブルトップが形成後のネックラインで下値が支えられた場合、トレンド転機も?テクニカル分析 2019/11/05

ユーロ円(EUR/JPY) テクニカル分析

■ユーロ円を日足で分析すると、

先週は121.50円越えを数回試したが何れも失敗しドル円の大幅安に連られてユーロ円も売られたことでダブルトップが形成されました。

また、ネックラインとして意識されたのは120.25円付近になりこのサポートラインは7月にも意識されたラインとなることから強い抵抗となると推測します。

9月初旬から買われているユーロ円ですが日足チャートでは、基本的な流れとしては、下降トレンドが継続していますが今後、移動平均線のSMA200を超えてくればトレンド転換が発生するがその前にレジスタンスラインの121.45円を超える必要があるので121.45円~120.25円の狭いレンジでの攻防が続くと推測します。

■ユーロ円 サポートラインとレジスタンスライン

レジスタンスライン:121.45円

レジスタンスライン:120.25円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*