ユーロ円(EUR/JPY)は9月に120円台手前から下落へと転換したが今回も同様のシナリオなのか?それとも120円ブレイクか? テクニカル分析 2019/10/15

ユーロ円(EUR/JPY) テクニカル分析

■ユーロ円を4時間足で分析すると、

先週は3日間続伸したことで120円手前まで大きく値を伸ばしましたが、120円台をブレイクすることは出来ませんでした。

これは9月13日にも120円台手前までは上昇しましたが結局ブレイクすることは出来ず、下落へと転換したポイントとなることから意識されたポイントとなり、ポジション調整目的の売りのため119.20円付近まで下落しました。

しかし、下げ止まった119.20円付近は過去に数回意識された箇所であることから反発しているので、上値を試す余地はまだあると推測するので119.20円を割り込まない限りは上値を試す動きが継続すると推測します。

■ユーロ円 サポートラインとレジスタンスライン

レジスタンスライン:120.00円

レジスタンスライン:119.20円

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*