ユーロ/ドル(EUR/USD)は欧州長期金利が上昇したことで買い優勢となったことでさらに上値を試す動きとなるか? FXテクニカル分析 2021/01/22

テクニカル分析

ユーロ/ドル(EUR/USD)本日の相場見通し

長期(週足): 上昇トレンド
中期(日足): 上昇トレンド
短期(4時間足): 上昇トレンド
POINT2021年1月の高値 1.2349$が意識されているか?

ユーロ/ドル(EUR/USD)週足テクニカル分析

週足チャートで分析すると、

1.0637$から反発し上昇したことでエリオット波動の第3波が形成されている。

POINT1.20$より上で推移していることから依然として高値圏で推移

■ユーロ/ドル(EUR/USD)週足チャート

ユーロ/ドル(EUR/USD)4時間足テクニカル分析

4時間足チャートで分析すると、

1.2349$から下落し第3波が形成されたが1.20$まで下落することなく反発したことで新たに上昇への波動が形成され上昇の3波目が形成されているが1.2180$付近がレジスタンスラインとして意識されている。

下降トレンドラインは上抜けたことで上昇トレンドへと転換しているが直近のレジスタンスラインを超えることが出来るか否かが注目されている。

POINT1.2180$のレジスタンスラインを超えるか?

■ユーロ/ドル(EUR/USD)4時間足チャート

今後の動向 ユーロ/ドル(EUR/USD)

今後の動向として、

昨日は、ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁が定例理事会後の記者会見で「経済動向は12月の基本予測にほぼ沿っている」と述べたほか、インフレについて「今後数カ月、上昇する公算」「経済が回復するにつれてインフレ圧力は上向く公算」と指摘すると、欧州長期金利が上昇しユーロ買いが強まった。

上位足では依然として買い基調で、4時間足では上昇トレンドラインが形成されN字を形成しながら上値を試しているが上値を抑えられている感があることから一度、下押した後に再び反発する可能性もある。

今後の戦略押し目買いのチャンスがあれば狙う

コメント

タイトルとURLをコピーしました