豪ドル/円は短期的には上昇傾向であるがクリスマス休暇で方向感が出にくい相場?テクニカル分析 2019/12/24

テクニカル分析

豪ドル/円(AUD/JPY) テクニカル分析

■豪ドル/円を4時間足で分析すると、

先週、一時、75円を割り込みましたが、大幅には下落しないで、下げ止まったことで、反発へと転じ、75円台後半まで値を伸ばしました。

また、短期的には、移動平均線のSMA50とSMA100がSMA200とゴールデンクロスし、オシレーター系のRSIも右肩上がりで50%を超えていることから上昇トレンド中と判断できます。

このまま、上昇が継続すれば、12月13日につけた直近の高値の75.95円を目指し、さらに76円台に到達する可能性もありますが、欧米のクリスマス休暇ウィークなので、方向感が出にくい展開もあり得ます。

■豪ドル/円 サポート・レジスタンスライン

レジスタンスライン:76.00円

サポートライン:74.90円

コメント

タイトルとURLをコピーしました