豪ドル/円(AUD/JPY) は三角持ち合いを上へブレイクし大幅に上昇したことで調整となるか?テクニカル分析 2019/09/12

豪ドル/円(AUD/JPY) テクニカル分析

■豪ドル/円を日足で分析すると、

8月13日に73円手前まで上昇した豪ドル円でしたが73円を超えることが出来ず、高値を切り下げながら下落し一時、70円台を割り込みましたがそこから反発はしたものの、値動きは縮小され三角持ち合いが形成されましたが、三角持ち合いを上へブレイクしたことで6日間続伸しました。

上昇の要因は9月4日にオーストラリア連邦統計局が発表した2019年4-6月期の実質国内総生産(GDP)が市場予想と一致したこと、8月の中国非製造業購買担当者景気指数(PMI)が好調な内容であったことで72円台を回復し上値を伸ばした後、昨日、中国が貿易戦争の影響緩和措置を開始との報道を受け一時、74円台を付けた。

6日間続伸したことで一目均衡表の基準線、転換線もブレイクし移動平均線SMA50も上抜けたが74円台は6月18日に下値が支えられたラインで現在のレジスタンスラインとなることから一旦、調整が入ると推測しますが、調整後、73円を割り込まない限りは再び上昇する余地はあるだろう。

■豪ドル/円 サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン1:74.00円

サポートライン1:73.00円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*