豪ドル/米ドル(AUD/USD)はチャンネル・ダウンが形成され下降トレンドが継続中。 テクニカル分析 2019/09/04

豪ドル/米ドル(AUD/USD) テクニカル分析

■豪ドル/米ドルを日足で分析すると

7月半ばから約10日間、続落し陰線を形成していましたが8月2日にローソク足で十字線が形成されたことで相場の転換期が訪れ、反発する可能性もありましたが反発するだけの力も無く下落し、8月7日には一時、006676$まで値を下げましたが反発しその日は長い下ヒゲ付きの陰線が形成されクローズされました。

それからチャンネル・ダウンが形成されたチャンネル内で上下を繰り返しながら徐々に下落していることから、今後も、この範囲内で推移することが予測されますが均衡が破れた時は大きくどちらかにブレイクする可能性があります。

昨日の豪ドル/ドルはドルに対する売り圧力が強く、下げ渋っており、豪中銀が3日、利下げを見送ったことを受けたことで反発ししました。

■豪ドル/米ドル 日足サポートライン&レジスタンス

レジスタンスライン1:0.6800$

サポートライン1:0.6676$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*