豪ドル/米ドル(AUD/USD)はチャンネル・ダウンを上へブレイクしたことで4日間続伸しました。 テクニカル分析 2019/09/11

豪ドル/米ドル(AUD/USD) テクニカル分析

■豪ドル/米ドルを日足で分析すると

0.6676$の安値を付けた後、反発してからはチャンネル・ダウンが形成されていましたが、先週チャンネル・ダウンを上へブレイクしたことで大幅に上昇しています。

チャンネル・ダウンをブレイクした後は一目均衡表の基準線もブレイクし、4日間続伸し移動平均線SMA50を一時上抜けました。

しかし、先日発表された8月豪NAB企業景況感指数が2014年9月以来の水準まで悪化したことが分かると失速し、昨日のローソク足では十字線が形成されました。

直近高値の0.6875$付近には週足の一目均衡表の転換線が位置していることから意識されるポイントとなり、移動平均線SMA50も意識されていることから一旦、調整に入ると推測しますが日足の終値で移動平均線SMA50を超えればさらに上昇する余地はあると推測します。

■豪ドル/米ドル 日足サポートライン&レジスタンス

レジスタンスライン1:0.6880$

サポートライン1:0.6800$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*