豪ドル/米ドル(AUD/USD)はネックラインとサポートラインで下値が支えられたら反発するが、逆は大幅に下落する?テクニカル分析 2019/10/16

豪ドル/米ドル(AUD/USD) テクニカル分析

■豪ドル/米ドルを4時間足で分析すると

明日の9月豪雇用統計への警戒感が高まる中で、中国外務省の見解を受けて収まりつつあった米中対立への懸念が再燃したことで昨日安値の0.6729$を下抜け一時下落しましたが現時点では踏み止まっています。

また、NZドルの下落に豪ドルの戻りが圧迫されており、上値が重い状態で攻防が続いています。

オシレーター系のRSIの値は50%を割り込んでいますが、0.6730$は過去に数回意識されたポイントで且つ、ネックラインとなることからこのラインを終値で割り込むとさらに下値を拡大すると推測しますが、踏み止まるとサポートラインとして意識されたということで反発する可能性があります。

■豪ドル/米ドル 日足サポートライン&レジスタンス

レジスタンスライン1:0.6800$

サポートライン1:0.6673$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*