豪ドル/米ドル(AUD/USD)は19日の豪雇用統計まではレンジ相場が継続か?。テクニカル分析 2019/09/18

豪ドル/米ドル(AUD/USD) テクニカル分析

■豪ドル/米ドルを日足で分析すると

下降トレンドラインを上へブレイクしたことで、さらに値を伸ばし0.69$手前まで上昇しましたが移動平均線のSMA100と説目である0.69$が意識され上値が重い状態が今週は続いています。

昨日は中国株式市場が軟調だったこと、豪準備銀行(RBA)の議事要旨の発表後豪州金利が低下したことで上値を抑えられた。

また、19日に発表される8月の豪雇用統計が注目されているが、RBAは9月の理事会で、失業率は今後数年で5%まで低下すると発表したが、失業率が上昇していた場合は利下げ圧力も高るだろう。

下値は移動平均線のSMA50で支えられているが上値は徐々に高値を切り下げてきているので0.689$~0.6845$の間でどのような動きになるか様子見をする必要がある。

■豪ドル/米ドル 日足サポートライン&レジスタンス

レジスタンスライン1:0.6890$

サポートライン1:0.6845$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*