金(XAU/USD)は下値支えは一目均衡表の雲上限と移動平均線のSMA50が抵抗となるか?テクニカル分析 2019/09/27

XAU/USD 日足テクニカル分析

■日足でXAU/USDを分析すると、

週初めから上昇基調で24日の米経済指標がさえない内容であったことやトランプ米大統領が国連での一般討論演説でイランに圧力をかけ対話を導く方針への同調を各国に求めた事で3営業日続伸しました。

しかし、8月の米新築住宅販売件数が市場予想よりも良好だったこと、トランプ米大統領が中国との通商合意が予想より早期に実現する可能性を示唆した事で4営業日ぶりに反落しました。

また、昨日は上ヒゲと下ヒゲがほぼ同じ長さの十字線が形成されたことで週末の本日の動向は様子見になる可能性が高い。

目先のサポートラインとしては、移動平均線のSMA50が位置する1492$付近になるが、日足では依然、上昇基調であること、直近安値の1480$を割り込まない限りは上値を試す余地はあると推測します。

■XAU/USD サポートラインとレジスタンスライン

レジスタンスライン:1535$

サポートライン:1480$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*