FX:為替 ドル円(USD/JPY) テクニカル分析 2019/07/15

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■日足でドル円を日足で分析すると

先週は108.60円付近に抵抗がありましたが週始めにその抵抗を超え、109円手前まで上昇しましたが移動平均線のSMA50が位置する109円手前で失速し、一時、108円を割り込みましたが再び上昇しましたが、金曜日には再び、108円を割り込んだことで前日の安値も更新し、終値は107.85円でした。

先週金曜日の動きでは、アジア市場で一時108.61円の高値を更新しましたが、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の10-11日の議会証言を受けて月内利下げ観測が高まり、円買い・ドル売りが優勢となったこと、米長期金利の低下に伴う売りの影響で108円割り込みました。

一目均衡表の転換線は基準線とデッドクロスしていることから、107.50円を終値で割り込まない限りは反発する余地はあると推測します。

今週の注目材料としては、米FRBの利下げ動向、FRB幹部講演や地区連銀経済報告、米小売売上高や最新7月分の景況感指標のイベントの内容で利下げ観測が高まると、ドル安、円高が持続すると想定します

■日足サポートライン

レジスタンスライン1:108.60円

サポートライン1:107.50円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*