FX:為替 ドル円(USD/JPY) テクニカル分析 2019/08/05

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■日足でドル円を日足で分析すると

先週の木曜日に109.31円まで上昇しましたがトランプ大統領が中国への追加関税第4弾を発動すると発表したことで、107.25円まで急落し、翌日の週末金曜日には米中貿易戦争の行方に対する不安からドル円はさらに下落し106.50円まで下落しました。

先週末に大きく下落した流れを引き継いで、日経平均株価が380円超の下落となったことで、106.00円のドル買いオーダーをこなし、105.78円まで下げ幅を拡大しました。

しかし、105円台後半で下値の堅さを確認すると、欧州のクロス円などの上昇につれて106円台を回復したことで106円前半での攻防が続くと推測します。

本日は、トランプ米大統領の報復措置としての税率の25%への引き上げや為替介入への言及などは要警戒となり。7月米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数は55.5と予想されているが、現状のリスク回避地合いでは、ネガティブサプライズに警戒が必要。

■日足サポートライン

レジスタンスライン1:107.20円

サポートライン1:105.80円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*