FX:為替 ポンド/ドル(GBP/USD) テクニカル分析 2019/06/14

ポンド/ドル(GBP/USD) テクニカル分析

■日足でポンド/ドルを分析すると

英国では、メイ首相の辞任を受けて後任の保守党党首を選ぶ選挙が始まり、7月第4週には新党首=新首相が決まる見込みとなっています。

第1回保守党党首選はジョンソン前外相が2位に大差をつけての1位となり、10名いた候補者は7名に絞られ、18日に第2回目の投票が実施されます。

先日、無秩序離脱の阻止に向けた議会手続きの最初の段階でつまずいたことから、ポンドを売る動きが活発になり一時、1.2661$の安値を付けた。

今週は一目均衡表の転換線より上で推移していましたが1.2750$付近で上値が抑えられ値を伸ばすことが出来ずに、昨日、転換線を割り込みました。

先々週から下値を切り上げて来ており、一段上で推移したことからサポートラインも1.2600$から1.2650$で底固めをしていますが転換線を割り込んだことで下値が警戒される。

テクニカル的な動向としては、1.2650$で下値が支えられれば、1.2750$のレジスタンスラインを目指す余地はあると推測します。

■ポンドドル サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン1:1.2750$

サポートライン1:1.2650$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*