FX:為替 ポンド/ドル(GBP/USD) テクニカル分析 2019/08/01

ポンド/ドル(GBP/USD) テクニカル分析

■日足でポンド/ドルを分析すると

1.2750$のレジスタンスラインを数回試し、ダブルトップが形成された後、ネックラインを割り込んだ後、反発しましたが再び、ダブルトップが形成された後、さらにネックラインを割り込み、アジア時間に一時1.2119$と2017年3月以来約2年4カ月ぶりの安値を付けた後、さらに続落し1.2000$台まで一時下値を伸ばしました。

2回目のネックラインを割ってからは大陰線が形成されたことで売り圧力が強いことが示唆されており、一目均衡表のの転換線からも大幅に離れたところで推移しています。

ジョンソン新政権の強硬姿勢から「合意なき離脱」への警戒感は高まっていること、明日の米連邦公開市場委員会(FOMC)や8月1日の英中銀金融政策委員会(MPC)にも注意したい。

今後さらに値を下げた場合、2017年1月17日に付けた安値 1.1027$を目指す可能性があります。

■ポン/ドドル サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン1:1.2580$

サポートライン1:1.2380$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*