FX:為替 ポンド円(GBP/JPY) テクニカル分析 2019/06/12

ポンド円(GBP/JPY) テクニカル分析

■ポンド円(GBP/JPY)を日足で分析すると、

昨日の欧州市場で138.24円まで上昇しましたが137.47円まで反落しました。

これは、英4月国内総生産(GDP)が前月比-0.4%まで落ち込んだことが要因で、主因は自動車生産の急減による英4月製造業生産指数の低下です。

また、英4月製造業生産指数は前月比-3.9%という大幅な落ち込みとなりました。

先日は、137.48円まで下落しましたが、ダウ先物・欧州株の堅調な動きや米長期債利回りの上昇を背景にポンド円は138.31円まで値を伸ばしましたが6月10日の高値が意識され押し戻されました。

今後の動向として、一目均衡表の転換線付近で下値が支えられればレジスタンスラインの138.50円を試す可能性があります。
■日足ポンド円(GBP/JPY) サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン:138.50円

サポートライン1:137.80円

サポートライン2:136.50円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*