FX:為替 ポンド円(GBP/JPY) テクニカル分析 2019/06/19

ポンド円(GBP/JPY) テクニカル分析

■ポンド円(GBP/JPY)を日足で分析すると、

1月4日につけた安値 135.79円を下回り135.36円まで値を下げたが調整が入ったことで反発し136円台を回復しています。

昨日は辞任したメイ英首相の後任を選ぶ英保守党党首選の第2回投票が行われ、EUから強硬離脱も辞さないとするボリス・ジョンソン前外相が126票と最多の票を集め、ハント外相ら2位以下に大差を付けた。

しかし、市場ではこのことに明確な反応を示さなかった。

現在の値は一目均衡表の転換線よりも下で推移していることから売り基調が継続していますが、先日、136円を割り込み、反発したことで長めの下ひげ付きの陽線が形成されたことで相場の流れば変わる可能性もあります。

そうなると、転換線が位置する、137円を回復するか否かが注目されます。

■日足ポンド円(GBP/JPY) サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン:137.00円

サポートライン1:135.00円

サポートライン2:135.36円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*