FX:為替 ポンド円(GBP/JPY) テクニカル分析 2019/08/09

ポンド円(GBP/JPY) テクニカル分析

■ポンド円(GBP/JPY)を日足で分析すると、

7月25日に一時、135円を回復しましたが、翌日には陰線が形成され、135円を割り込んでからは大幅に下落したことで今年の最安値を更新し、一段下で推移しています。

今週は130円手前まで値を伸ばしましたが上値が重たく、128円前半まで値を下げ、再び最安値を更新しました。

これは米10年債利回りが1.63%台まで低下していることで円買いが進みポンド円も下落しました。

オシレーター系のADXは50を超えていることから強いトレンドが発生していることが示唆されておりますが、6日の抱き線、7日の被せ線によりもみ合いとなっており、反発の可能性が示唆されているので警戒が必要です。

今後、128円台で下げ止まり、130円台を回復すると反発する可能性も十分にあります。

■日足ポンド円(GBP/JPY) サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン:130.00円

サポートライン1:128.00円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*