FX:為替 ユーロドル(EUR/USD) テクニカル分析 2019/05/10

ユーロドル(EUR/USD) 日足分析

日足でユーロドルを分析すると、

ユーロ/ドルは04月26日に底値 1.1109$の年初最安値を更新してから反発し、5月01日には一時、1.1265$の高値を付けましたが移動平均線SMA50に阻まれ、長い上ヒゲ付きの陰線が形成され反落しました。

それからは上値が重たく、連日1.1200$越えを試していますが何れも日足の割り値では超えることが出来ていないことから1.1200$には大きな抵抗があることが示唆されています。

RSIも45付近で横ばいに移動していることからユーロドルは材料難続き方向感無く推移しています。

米中の貿易交渉も、ユーロドルに対してはリスク選好を反映してのドルの売買や、欧州株のつれ高つれ安などからの影響で、方向感がつかめにくい状態です。。

しかし、連日上値を試していること、下値は切り上げていることから1.1200$をブレイクした場合は大きく、上昇する可能性もありますが今後の動向としてはレジスタンスラインの1.1200$をブレイクするか否かを見定めてから今後の方向性を見定めたい。

■ユーロドル(EUR/USD) 週足 レジスタン&サポートライン

レジスタンスライン:1.1200$

サポートライン2:1.1090$

サポートライン2:1.1000$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*