FX:為替 ユーロドル(EUR/USD) テクニカル分析 2019/05/16

ユーロドル(EUR/USD) 分析

日足でユーロドルを分析すると、

下降トレンドが継続している中、上値は重たく依然、移動平均線のSMA50が大きな上値抵抗となりSMA100を超えることが続落しています。

しかし、4月26日に底値 1.1109$を付けてからは反発しているものの、SMA50付近で反落するというパターンがここ最近は継続しています。

現在のレジスタンスラインとして意識されている、1.1260$付近は4月23日に大きく下落が開始したポイントになるため大きな抵抗があると推測します。

また、、サルビーニ副首相が「EUの財政赤字や債務のGDP比といった財政規律を超えるような必要に迫られた場合、われわれはその用意ができている」と述べたことで、ユーロは対ドルで1.12$近辺まで反発しました。

今後さらに下値を伺う動きになれば4/26につけた直近の安値1.1109$まで安易に下がる可能性があります。

■ユーロドル(EUR/USD) 日 レジスタン&サポートライン

レジスタンスライン:1.1260$

サポートライン:1.1109$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*