FX:為替 ユーロドル(EUR/USD) テクニカル分析 2019/07/08

ユーロドル(EUR/USD) 分析

■ユーロドルを日足で分析すると、

先週末発表された6月の米国雇用統計でドル買いユーロ売りとなり一時1.1206$まで急落し、その後も戻りは鈍く1.1220$台で週明けは推移しています。

また、6月20日に一目均衡表の雲を上抜け移動平均線のSMA200も上抜けましたが、再び、6月14日と同水準の値まで下げ、雲の中で推移していますが「雲」の厚みも低下していることから現水準で推移すれば「雲」の上に再び出て来る形となります。

テクニカル的には雲を上抜け、移動平均線のSMA50を抜ければ下降トレンドから上昇トレンドへと転換する可能性もあります。

しかし、「雲」下限の1.1200$を割り込むとユーロ売りが加速する可能性があるので注意が必要です。

今後の動向として、本日と明日は重要な経済指標がないことから水曜からのFRBパウエル議長の議会証言とFOMC、ECB議事要旨の発表までは方向感が出にく相場になると推測します。

■ユーロドル(EUR/USD) 日 レジスタン&サポートライン

レジスタンスライン:1.1240$

サポートライン:1.1200$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*