FX:為替 ユーロドル(EUR/USD) テクニカル分析 2019/07/19

ユーロドル(EUR/USD) 分析

■ユーロドルを日足で分析すると、

7月5日に1.1280付近から下落し、1.1200付近で下げ止まり、再び上昇、下落をして昨日は、7月5日と同水準までV字回復しました。

これは「欧州中央銀行(ECB)は物価目標の修正を検討」との報道をきっかけに一時1.1204まで下げましたが、そのあと、NY連銀総裁やFRB副議長の発言を受けて、米金利が低下するとドル売りが加速し上昇へ転じ1.1281まで上値を伸ばしたことで、ダブルボトムが形成されたので今後、ネックラインとして、1.1280が意識されます。

レジスタンスラインの1.1280を日足の終値で超えれば移動平均線のSMA50がSMA100とゴールデンクロスし、上昇への手掛かりとなると推測します。

しかし、再び、下値模索となれば移動平均線のSMA200、SMA100、SMA50が平行になり再び、下げ基調になり1.1100を目指す可能性があるので週末の本日の終値は重要なポイントとなります。

■ユーロドル(EUR/USD) 日 レジスタン&サポートライン

レジスタンスライン:1.1280$

サポートライン:1.1200$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*