FX:為替 ユーロ円(EUR/JPY) テクニカル分析 2019/08/01

ユーロ円(EUR/JPY) テクニカル分析

■ユーロ円を日足で分析すると、

先週120円前半まで値を下げましたがそこから反発し、下降トレンドラインを上抜けたことで一時、121.37円まで上昇しましたがロンドン・フィキシングに絡んだユーロ売りのフローが観測されると軟調になりました。

また、FOMCの結果、FRB議長の発言でユーロドルが下落するとユーロ円にも売りが波及し、一時120.35円まで値を下げました。

先日、大陰線が形成されたことでローソク足の値は再び、一目均衡表の転換線を割り込んだことで上値は再び重たくなると予測します。

今後の動きとして、オシレーター系のMACDもマイナス領域にいることから中期的には下降トレンドが継続することが示唆されています。

■ユーロ円 日足サポートラインとレジスタンスライン

レジスタンスライン:122.00円

レジスタンスライン:120.05円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*