FX:為替 豪ドル/米ドル(AUD/USD) テクニカル分析 2019/07/09

豪ドル/米ドル(AUD/USD) テクニカル分析

■豪ドル/米ドルを日足で分析すると

6月の最安値 0.6831$を付けてからは9日間続伸し0.7$まで回復しましたが、7月1日に0.7034$を付けた後、急激に下落し0.6955$まで下落しました。

0.7$付近には移動平均線のSMA100と一目均衡表の雲上限が位置していることから意識され利益確定の売りが優勢されたと推測しますが、下値は移動平均線のSMA50と一目均衡表の雲下限が位置する0.6957$で支えられ再度、反発しています。

しかし、先週再び、高値を試したが同水準を上抜けることは出来ず週末の終値では0.6975$でした。

先日は0.7$を再び、目指す動きもありましたが、8日の豪州国債市場では、10年債金利が上昇し、前週末の米雇用統計改善と米債金利の上昇を受け豪ドルが対ドルで下支えされました。

また、米中通商協議や豪準備銀行(RBA)の利下げ観測への思惑から0.69$後半で推移しましたが、上値には、0.7000$に売りオーダー、超えるとストップロス買いが控えており、下値には、0.6950$に買いオーダー、割り込むとストップロス売り、本日のNYカットオプションが控えていることから一目均衡表の雲中での攻防が続くと推測します。

■豪ドル/米ドル 日足サポートライン&レジスタンス

レジスタンスライン1:0.7000$

サポートライン1:0.6950$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*