FX:為替 AUD/JPY テクニカル分析 2017/11/21

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・AUD/JPYは週足、日足ともにSMA200より下で推移して、且つ、ヘッドアンドショルダーのネックラインを割っている。

・16日に発表されたオーストラリア10月の雇用統計は失業率が5.4%と市場予想の5.5%より改善を示す一方で、就業者数が+3,700人に留まり市場予想の+18,000人を下回る結果となりました。

AUD/JPY 日足テクニカル分析

2017/11/02の高値 88.08円から2017/11/20の安値 84.49円へ向けてフィボナッチ・リトレースメントを引くと、

現在の値は、フィボナッチ23.6%の付近で少し押さえつけられている。

フィボナッチ38.2%と23.6%を超えない場合は、再度売られる可能性がある。

AUD/JPY 4時間足テクニカル分析

直近のサポートライン・レジスタンスラインとして、

レジスタンスライン1:85.30円

サポートライン1:85.40円

現在、4時間足のSMA200、SMA100の下で推移しており、下降トレンドラインが形成されている。

また、85円を割った場合は、再度、85.40円付近を目指し、下落する可能性がある。

今後の展開として

・今後の展開としては、レジスタンスラインとサポートラインの間でレンジ相場が続く可能性がある。

・85.40円を割った場合は、83.30円付近まで下落する可能性がある。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*