FX:為替 AUD/JPY テクニカル分析 2018/02/19

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・AUD/JPYは2018/03/05の安値 81.47円を底値に反発しており、前週末の米2月雇用統計が「強すぎず弱すぎず」の結果となった事で83円台後半へと反発しました。

・本邦財務省の決済文書書換え問題をめぐり麻生財務相に辞任の考えがない事がわかり、ひとまず円高リスクは後退し、欧米株式市場は堅調な展開が見込まれる事から、豪ドル/円にも上値余地がある。

AUD/JPY 日足テクニカル分析

2018/03/05の安値 81.47円を底値に反発して、一目均衡表の転換線を2018/03/09に大幅に超え続伸しています。

ローソク足と遅行スパンで見ると、ほとんど同等の値に位置していることからまだ、さらに上昇するだけの勢いはありません。

また、基準線が下向きで、且つ、2018/03/12に高値 84.09を更新してからは上ヒゲが出て押し戻されているので、さらに上昇するにはもう少し材料が必要です。

まず、上昇する場合は、84円台の日足一目均衡表の基準線を目指す展開になり、この基準線をブレイクすれば、雲の手前の85円台が視野に入ってきそうです。

AUD/JPY 4時間足テクニカル分析

直近のサポートライン・レジスタンスラインとして、

レジスタンスライン1:84.10円

サポートライン1:81.50円

2018/03/05の安値 81.47円を底値として、反発し、上昇トレンドラインが形成されていますが、84.10円付近で頭を押さえ付けられています。

このレジスタンスラインは2018/02/27にも超えることが出来なかったラインになります。

84.10円付近で頭を押さえつけられたことで、上昇トレンドライン付近まで下がる可能性があります。

上昇トレンドライン付近にはSMA100も位置しているので、下がった場合は、SMA100と上昇トレンドラインがクロスする付近で反発する可能性があります。

今後の展開として

・一目均衡表の基準線を超え、84円台へ乗せることが出来るか否か。

・上昇トレンドラインに沿って、上昇するか、または、上昇トレンドライン付近まで下がって反発するか否か。

AUD/JPY オーダー

85.40円 売り

84.90-5.10円 断続的に売り(85.00円 OP16日NYカット)

84.20-60円 断続的に売り

83.76円 3/13 00:00現在(MT4)

83.50円 買い

83.00円 買い厚め

82.00円 買い

81.50-60円 断続的に買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*