FX:為替 AUD/JPY テクニカル分析 2018/07/03

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・AUD/JPYは先週から引き続き80.50円から82.00円で推移し、下げ止まっていますが上値も重い状態です。

・3日の東京外為市場では、豪ドルが対ドル、対円で下げ止まりを維持しました。

AUD/JPY 日足テクニカル分析

AUD/JPYを日足でみると、

2018/05/09の安値 81.12円を付けてから反発し、ダブルトップが形成され、一時、ネックラインの81.10円付近を割り込みましたが80.55円付近を底値として下げ止まりました。

先週から数回、底値を試していますが80.55円のサポートラインが下支えとなりこのサポートラインを割り込んでいません。

しかし、上値も重たく、82.00円のレジスタンスラインもブレイクすることが出来ず、80.50円から82.00円で推移しています。

また、オーストラリア準備銀行(豪中央銀行)は、予想通りに政策金利を現行の1.50%に据え置くことを決めたと発表しました。

中国株と人民元の下落が一服となったことを背景に、オセアニア通貨は堅調地合いを維持しており、豪ドル/円は82.00円を一時回復しました。

AUD/JPY 4時間足テクニカル分析

直近のサポートライン・レジスタンスラインとして、

レジスタンスライン1:82.10円

サポートライン1:80.60円

4時間足でみると、

80.60円付近の底値を試した後からは反発し、一時82円を超えましたが、上値が重たく、雲上限を超えることが出来ていません。

また、数回、82円を試しているので、SMA52付近の81.35円を割り込まない限りは再度、上値を試す可能性がでてきました。

しかし、オーダー情報から見ると、82円付近には売りオーダーが控えているのでこれを超えるには好材料が必要です。

今後のサポートラインは直近安値の81.00付近になります。

今後の展開として

・82円を終値で超えることが出来ればSMA200を目指して上昇する可能性もあり、その場合、83円が次のターゲットになります。

・しかし、80.60円を割り込めば、さらに下落する可能性もでてくるので買いポジションを持つのは82円越えをしてからが無難です。

AUD/JPY オーダー

84.00円 売り厚め

83.50-90円 断続的に売り

83.10-20円 売り

83.00円 売り厚め

82.80円 売り

82.50円 売り

82.20-30円 断続的に売り

81.80円 7/3 16:00現在(MT4)

81.00円 買い

80.70-80円 断続的に買い

80.50円 買い

80.00円 買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*