FX:為替 AUD/JPY テクニカル分析 2018/10/15

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・AUD/JPYは10/02の高値 82.50円を付けてからは米国株急落の余波を受けて続伸していましたが、79円台で下げ止まりました。

・米国株急落の余波がアジア市場に及んでおり、日経平均が4%近い下げとなったほか上海総合は5%を超える大幅安となった。

AUD/JPY 日足テクニカル分析

AUD/JPYを日足で分析すると、

米国株急落の余波がアジア市場に及んでいますが、豪ドル/円は79円台前半で底堅く推移しており、前日比では「プラス」の展開となっています。

これは、ドルが全面安となる中で豪ドル/米ドル相場が上昇していることが要因です。

また足元の地合いでは、株安が豪ドル売りにつながりにくい関係かもしれないが、中国9月貿易収支は、米国との貿易戦争の影響があり、中国景気の減速を印象付ける内容になるようだと豪ドルに下落圧力がかかる可能性もある。

しかし、日足チャートで見ると、現在のローソク足の値は移動平均線のSMA200よりも下で推移しており、且つ、移動平均線のSMA100、SMA52、EMA21も共に下向きなので下降傾向にあることには変わりないが、他のクロス円と比べると、下げ幅が少ないのもまた事実である。

AUD/JPY 4時間足テクニカル分析

直近のサポートライン・レジスタンスラインとして、

レジスタンスライン1:80.60円

サポートライン1:79.00円

4時間足から分析すると、

移動平均線のSMA200を割りこんでからは80円まで下げ、一旦、反発し80.60円付近まで上昇しましたが、そこから再度、下げへと転じ、79.05円まで値を下げました。

これは米国株急落の余波がアジア市場に影響を及ぼした結果ですが、豪ドルは下げ止まり再度、反発し、週末の終値では79.75円となりました。

4時間足では、底値を切り上げながら上昇していますが、上値が重いのも事実で、80.15円手前で数回押し戻されています。

下げ相場であるにも関わらず、下値を切り上げてきているので、現在、三角持ち合いが形成されています。

この三角持ち合いの期間は短く、今週の半ばくらにはどちらかにブレイクすると推測できます。

今後の展開として

・三角持ち合いが形成されているので、どちらの方向にブレイクするかで大きく流れが変わる可能性があるので注意が必要です。

・米国株の動向はもちろんですが、米国と中国の貿易戦争の影響も受けやすいので中国景気には注意する必要があります。

AUD/JPY オーダー

83.00円 売り厚め

82.60-80円 断続的に売り

82.50円 売り厚め

82.20-40円 断続的に売り

82.00円 売り厚め

81.30-80円 断続的に売り

81.00円 売り厚め

80.80円 売り厚め

80.20-70円 断続的に売り

79.75円 10/14 00:00現在(MT4)

79.50円 買い

78.90-9.00円 断続的に買い

78.70円 買い

78.00円 割り込むとストップロス売り





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*