FX:為替 AUD/USD テクニカル分析 2017/10/14

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・豪ドル/米ドルは、直近のレジスタンスラインの0.7880付近ををブレイク

・豪・住宅ローン件数が発表、2017年8月期の結果は市場予測0.5%増を上回る、1%増

AUD/USD 日足テクニカル分析

2017/10/12に下降トレンドラインをブレイクして上昇が継続している。

また、直近の高値 2017/10/04 0.7874を金曜日の終値で上回ったことで下降トレンドだったが、上昇トレンドへと転機する可能性がある。

20171016-technical-AUDUSD-D1

AUD/USD 4時間足テクニカル分析

2017/10/04の高値0.7874から2017/10/06の安値0.7732へフィボナッチ・リトレースメントを引くと、

2017/10/04の高値0.7874を超えたので、フィボナッチ1.272%(0.7912)を試すと推測する。

また、このフィボナッチ1.272%はSMA200付近に位置するので、これを超えるとさらに上昇する可能性もある。

レジスタンスライン1:0.7920

サポートライン1:0.7878

4時間足で見ると、RSIは約70%で推移しているので直近高値を抜けると上昇する可能性が高い。

レジスタンス:0.7920を超えられない場合は、一旦、調整が入る可能性がある。

今後の展開としては、

・4時間足のSMA200を目指して上昇する可能性がある。

・さらに上昇が続く場合は、フィボナッチ161.8%を目指すと推測する

20171016-technical-AUDUSD-H4





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*