FX:為替 AUD/USD テクニカル分析 2019/01/28

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・AUD/USDは、01月11日に付けた月初来高値0.7235$を上抜けるかに注目が集まったが先週は下降基調でした。

・先週金曜日の1月25日には一時、0.7074$まで値を下げましたがそこから反発して0.7184$まで上昇しました。

AUD/USD 日足テクニカル分析

AUD/USDを日足から分析すると、

先週の金曜日の1月25日には一時、0.7074$まで値を下げましたがそこから反発して0.7184$まで上昇したことで、01月11日に付けた月初来高値0.7235$を上抜けるかに注目されます。

週初めの本日は先週の金曜日の流れを若干、引き継ぎ、0.7204$まで上昇していますが、現時点では若干押し戻されています。

一目均衡表で見ると

01月11日に付けた月初来高値0.7235$は雲中に位置しており、これを上抜ければAUD/USDの上伸の可能性がありましたが現時点では雲下限付近で押し戻されています。

FRBのバランスシート縮小停止観測は、ドルにネガティブな反面、米国株にはポジティブな材料で、リスク選好時に買われる豪ドルにとっては買い材料となりやすく、一目均衡表の転換線の0.715$付近で下支えされている状態です。

AUD/USD 4時間足テクニカル分析

AUD/USDを4時間足から分析すると、

1月28日に高値 0.7204$をつけた後からは下降トレンドへと転機し、4本連続で陰線が形成され、前回のレジスタンスラインの0.716$付近で下げ止まっていますが、このラインを割り込めば移動平均線のEMA200を割りこむ可能性が高く、その場合、再び0.71$割れの可能性が示唆されます。

直近のサポートライン&レジスタンス

レジスタンスライン1:0.720$

サポートライン1:0.716$

今後の展開としては、

・0.7160$付近がサポートラインとなり下支えされた場合、再度、0.720$越えを試す可能性があります。

・逆に、0.7160$を割り込んだ場合は、売り圧力が加速し、再び0.71$割れをする可能性があります。

AUD/USD オーダー

0.7300ドル 売り

0.7260ドル 売り

0.7220ドル 売り

0.7166ドル 1/28 05:30現在(MT4)

0.7150ドル 割り込むとストップロス売り

0.7130ドル 割り込むとストップロス売り

0.7050ドル 買い

0.7020ドル 買い

0.7000ドル 買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*