FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/03/06

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは11600$を再度、目指すと思われましたが上値を押さえつけられ、上昇トレンドラインを割り込んで下落しました。

・ビットコイン(BTC)とZClassic(ZCL)からハードフォークしたビットコインプライベート(BTCP)が誕生しました

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:11600$

サポートライン1:9000$

BTC/USDは2018/03/05の高値 11536$を更新しましたが、上値の11600$を超えることが出来ず、下落へと転じました。

2018/02/20も同様に、高値 11579$を更新してからは下落へと転じ、10000$を割り込みました。

日足で見ると、201/02/06の安値 5830$から反発して、上昇トレンドラインが形成され、SMA100とSMA200の間で推移しています。

また、上昇トレンドラインとレジスタンスラインで三角持ち合いが形成あれているのでこのレジスタンスラインを超えると上昇が期待されます。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で見ると、上昇トレンドラインに沿って上昇していましたが、11600$のレジスタンスラインに上値を抑えつけられ、上昇トレンドラインを割り込んで急激に下落へと転じました。

しかし、SMA100付近の10500$がサポートラインとして機能すれば再度、反発する可能性があります。

逆に、SMA100を割り込むと、SMA200が位置する9500$付近まで下げる可能性があるので注意が必要です。

また、RSIも50付近に位置しており、売り圧力が強い場合には、さらに下落のスピードが加速する可能性もあります。

今後の展開として

・10500$付近のSMA100がサポートラインとして機能するか否か。

・直近の高値 11600$を更新するためには何か材料が必要





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*