FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/03/12

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDはダブルトップを結成してからは、ネックラインでの攻防が続いています。

・南アフリカで52億円相当のビットコインを運用していた投資ファンド BTC Global のファンドマネージャーが姿を消した。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:11600$

サポートライン1:9000$

日足で見ると、201/02/06の安値 5830$から反発して、ダブルトップが形成され、現在はネックラインで攻防が続いています。

一時はネックラインを割り込んだので下げへと転じるかと思われましたが、反発し、再度ネックライン付近で推移しています。

また、ネックライン付近はSMA200も位置し、且つ、ラウンドナンバーである9000$は重要なサポートラインになります。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で見ると、ボトムトップが形成され、ネックライン付近で推移しています。

また、ネックライン付近にはSMA200が位置しているので、9365$付近はレジスタンスラインとなります。

上昇への転記と判断するにはSMA200を超えてから判断した方が賢明です。

今後の展開として

・9000$を割り込むか、維持するかで方向性が決定される。

・下げに転じた場合は、RSIも40を切っているので、勢いがつけば前回の安値の5800$まで下げる可能性がある。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*