FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/03/21

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDはダブルトップが形成され、ネックラインを割り込んで下落しましたが7575$で下げ止まりました。

・G20による仮想通貨の規制強化への観測が薄れビットコインの価格は上昇し始めました

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:9000$

サポートライン1:7137$

日足で見ると、201/02/06の安値 5830$から反発して、ダブルトップが形成され、ネックラインで攻防が続いていましたが、ネックラインを割り込み、7137$まで一旦は下落しましたが、そこから反発しました。
このことで、日足でみると201/02/06の安値 5830$からは底値を切り上げながら上昇傾向にあります。

次のポイントとしては、SMA200付近の9000$を超えることができるか否かが注目されます。

金融安定理事会の文書が公開された18日、G20による仮想通貨の規制強化への観測が薄れたことが今後の上昇への手掛かりとなる可能性があります。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で見ると、2018/03/18の安値 7137.68$から反発して上昇へと転機しています。

また、上昇トレンドラインも形成され、現在は雲の中で推移していますが、レジスタンスラインの9000$は4時間足のSMA100、日足ではSMA200になり、このレジスタンスラインを超えることができれば再度、2018/03/12の高値 9737.60$のSMA200を目指す可能性があります。

4時間足ではRSIも60を超えているので、このまま勢いがつけばもう一段階上昇する可能性があります。

今後の展開として

・9000$を超え、次のレジスタンスラインの9750$を超えるか、または、このラインで抑えつけられて、一旦に調整に入るか否か。

・下げに転じる場合は、上昇トレンドラインを割り込んで8350$付近のSMA100を割り込むか否か。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*