FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/05/09

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは9000$のレジスタンスラインをブレイクしましたが9800$のレジスタンスを超えることが出来ず一旦下落しています。

・市場では買い圧力が強まっていましたが、200日移動平均線によって価格の上昇を阻まれています。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:9800$

サポートライン1:9000$

日足で見ると、9000$をブレイクしてから続伸したもののSMA200付近の売り圧力に耐えることが出来ず、一旦、価格を下げています。

直近では、日足のSMA200をブレイクできるか否かで、さらに上値の10000$を目指すか否かに注目が集まっています。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で見ると、8670$付近から反発し、9000$をブレイクしましたが、直近の高値 9830$の高値を付けた後からは売り圧力に押され、下落へと転じました。

さらに、上昇トレンドラインが形成されていましたが、上昇トレンドラインを割り込んでからは9000$付近まで価格を下げ、一時、9000$も割れました。

現在のサポートラインの9000$を割り込んだ場合は、SMA200付近の8380$付近まで下げる可能性があります。

現在の相場の短期的なテクニカル分析においては、日足&4時間足のSMA200が最も重要な指標となっています。

今後の展開として

・直近のレジスタンスラインの9800$を超え、日足のSMA200も超えるか否か。

・9000$を割れた場合は、再度、下落への転記サインとなるか。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*