FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/05/23

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは先週の高値 8730$まで値を伸ばすことが出来ず、8518$まで反発したとからは下落へと転じています。

・今週14日、ニューヨークで仮想通貨業界で最大のカンファレンス「Consensus 2018」が開かれました

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:8518$

サポートライン1:7650$

日足で見ると、先週の高値 8730$まで値を伸ばすことが出来ず、8518$まで反発したとからは下落へと転じています。

2018/05/18に下ヒゲが形成されたことで、上昇へと転機するかと思われましたが翌日には上ヒゲが形成され次に日に陽線が観測されたが、SMA100まで届かず、下落へと転じています。

今後、サポートラインの7650$を割り込めば、さらに下降する可能性が出来てきます。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で見ると、先週の安値 7771.70$から反発して、雲中の8500$付近まで上昇しましたが、そこから再度、下落し、現在では先週の安値を更新して本日、7637$の安値をつけました。

先週から見ると、上値、下値ともに切り下げながら推移しており、チャンネルラインが形成されています。

今後はある程度反発する可能性もありますが、チャンネルラインを上にブレイクしない限りは上昇への転記は難しそうです。

今後の展開として

・チャンネルラインを上にブレイクすれば上昇への転記と判断できる。

・逆に、チャンネルラインに沿って、上値を切り下げながら推移した場合は、さらに下降する可能性があります。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*