FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/06/06

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは8513.30$から大きく値をさげましたが7342.20$を底値として反発し現在、30%ほど戻しました。

・週足チャートは3週間連続で陰線を付けていましたが、先週陽線を付けて反発しました。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:7742$

サポートライン1:7183.84$

日足でフィボナッチ・リトレースメントを2018/05/21の高値 8513.30$から2018/05/29の安値 6896.50$へ引くと

6896.50$を底値として反発し、一時はフィボナッチ50%付近まで戻しましたが、現在は少し押し戻され、38.2%付近で推移しています。

先日、7183.84$を付けてからは下ヒゲが形成され反発していることから、上昇する余地はあると判断できます。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で見ると、SMA200とSMA100がデッドクロスしてからは雲したで推移してきましたが6896.50$付近を底値として反発してからは、一時、雲を突き抜け7742$まで上昇しました。

しかし、再度、押し戻されましたが反発して、雲上限付近まで上昇しました。

雲上限はSMA100の値になり、今後、SMA100をブレイクすることが出来るか否かに注目されます。

今後の展開として

・SMA100付近の7500$をブレイクすればさらに値を伸ばす可能性が出てきますが、7750$付近は売り圧力が強い。

・7720$付近がサポートラインとして機能し、且つ、緩やかな上昇トレンドラインが形成されているので、この値を割り込まない限りは押し目買いのチャンスがあります。しかし、割り込んだ場合は再度、売りが優勢になる。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*