FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/07/11

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは下降チャンネルダウンをブレイクし相場の流れが転機し一時、6648.60$まで上昇しました。

・レジスタンスラインがある670$手前で跳ね返され上ヒゲを付け現在は6500$以下で推移しています。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:6700$

サポートライン1:6100$

日足では、

2018/06/29の安値 5640.25$を底値として反発し、下降チャンネルダウンをブレイクし一時、6648.60$まで上昇しました。

その後は、一時、6264$付近まで値を下げましたが、再度、反発し6540$付近まで戻しました。

しかし、レジスタンスラインの6700$を超えるにはもう少し勢いが必要で6700$から6100$の間で今後、推移しながら方向性を模索する傾向にあります。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で見ると、

2018/06/30と2018/07/02に大陽線を形成した後からは若干押し戻されたながらですが、一時、6638$付近まで値を伸ばしました。

一時的に、SMA200がある6500$付近を超えましたが、現在はSMA200より下で推移しています。

直近のレジスタンスとしては6500$になり、サポートラインとしては6270$付近になります。

SMA100とSMA52で形成された雲は既にブレイクし、ローソク足はSMA100、SMA52よりも上で位置していることからサポートラインの6270$を割り込まない限りは再度、高値を目指す可能性が出てきました。

今後の展開として

・SMA200が位置する6500$をブレイクし、6700$のレジスタンスを超えれば本格的に上昇へとトレンド変化する可能性が出てきました。。

・SMA100が位置する6200$を割り込んだ場合、再度、今年の最安値の2018/06/24に付けた5610$がターゲットとなります。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*