FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/07/17

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは先週のの前半は価格が下落し一時5928$を割る場面もありましたが、週末にかけて反発しました。

・上値は重たく、レジスタンスラインの6700$を超えることが出来ずに停滞しています。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:6700$

サポートライン1:5600$

BTC/USDを日足で分析すると、

2018/06/10に大陰線を形成して大きく下げたあとからは、6700$がレジスタンスラインとなり、この値を超えることが出来ず、6700$から5600$の間で停滞した動きをしています。

約1ヶ月間ほど、このレンジで値動きが続いており、上値が重い状態が継続しています。

しかし、2018/06/29に底値 5640$を付けてからは上値も重く、下値も限定的ですが、先週半ばから今週にかけては陽線が形成され上値を試しています。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で分析すると、

2018/07/13に5928$を付けてからは徐々に上昇へ向かう方向に推移し、2018/07/16に直近の高値 6385$をブレイクし大陽線が形成されました。

しかし、レジスタンスラインの6700$までは届かず、手前の6600$付近で一旦、押し戻されています。

6700$を超えることが出来れば年初から続いていた弱気相場のトレンドが変わりつつあることも意識されだすため、非常に重要な局面を迎えていると言えます。

4時間足&日足では、RSIは右肩上がりになってきておりRSIからは買いの圧力が強くなっていることが読み取れますので今後、上昇トレンドラインを割り込まずに推移すれば6700$を超える可能性が出てきます。

今後の展開として

・レジスタンスラインの6700$を超えることが出来れば、年初から続いていた弱気相場のトレンドが変わる可能性が大きいです。

・5928$割れは、再度、下降へのシグナルとなる可能性が大きく、その場合、5600$を割り込む可能性が出てきます。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*