FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/07/26

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは今週初めにレジスタンスラインの7500$をブレイクし一時、8336$まで値を大きく伸ばしました。

・価格が週間で10%を越えて上昇するのは約2月ぶりで、トレンド転換のシグナルも発生しており、今後の上昇が期待されます。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:8400$

サポートライン1:7400$

BTC/USDを日足で分析すると、

2018/07/20にレジスタンスラインの7500$付近まで上昇しましたがブレイクすることは出来ず一旦、反落しましたが、今週月曜日にこのレジスタンスラインをブレイクし移動平均線のSMA200手前の8400$まで値を伸ばしました。

また、ヘッドアンドショルダーボトムが成立しネックラインの7500$をブレイクしたことで弱気相場が転機する可能性が出てきました。

ネックラインを超えた場合の価格の上昇予測値は、ネックラインとヘッドの距離で測ることができ、今回の場合だと9000$付近まで上昇する可能性が出てきました。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で分析すると、

6700$のレジスタンスラインを数回試していましたが、ブレイクすることは出来ませんでしたが、2018/07/17にブレイクし大陽線が形成されました。

その後はレンジ相場が少し続いて、再度、直近高値の7500$をブレイクし、さらに値を8300$付近まで伸ばしました。

移動平均線のSMA200とSMA100はきれいに右肩上がりで上昇をし、ローソク足の位置もSMA100とSMA52で形成された雲よりも上で位置しているので短期的には上昇トレンドとなりました。

現在は若干、反落していますが、前回のサポートラインの7500$が今後はレジスタンスラインになります。

今後の展開として

・レジスタンスラインの8300$をブレイクすれば9000$を目指す可能性が出てきました。

・ビットコインの著名投資家でDigital Currency Groupの最高経営責任者(CEO)Barry Silbert氏は、今週ニューヨークで開かれたカンファレンスで「ビットコインの2018年の価格は底打ちした」と発言したことでどこまで値が伸びるか注目されます。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*