FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/08/01

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは約2週間価格が上昇していましたが、先週の高値 8836$を付けたあとからは伸び悩み、今週ついに陽線が形成され下落へと転じました。

・上値が重たいのは移動平均線のSMA200が上値を阻んでいるようです。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:8400$

サポートライン1:7400$

BTC/USDを日足で分析すると、

約2週間ほど価格が上昇していましたが、先週の高値 8836$を付けたあとからは伸び悩み、今週ついに陽線が形成され下落へと転じました。

移動平均線のSMA200に押し下げられるように下落していますが、下値支えには移動平均線のSMA100がサポートラインが存在するため、下げ幅が抑えられています。

また、レジスタンスとサポートに挟まれているので方向性を模索した値動きを続けていますが上昇するには、200日移動平均線を超える必要がありますが、現在200日移動平均線は下落を続けています。

現在の相場では、下落を続ける200日移動平均の売り圧力に対し、買いがどれだけ耐えられるかが大きな注目ポイントとなりそうです。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で分析すると、

2018/07/13の安値 5928.70$から2018/07/25の高値 8336.90$へフィボナッチ・リトレースメントを引くと

現在の値はフィボナッチ38.2%の手前まで下落していますが、この値の付近には移動平均線のSMA100があり、下支えとなります。

また、移動平均線のSMA200とSMA100はともに上昇傾向にあるので、反発する可能性が大きいです。

今後の展開として

・日足のレジスタンスラインとしてのSMA200をブレイクすることが上昇への手掛かりとなります。

・下値支えとして、日足のSMA100と4時間足のSMA100が近似値の値になり強いサポートラインとして機能すれば反発する可能性があります。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*