FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/08/08

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは先々週に高値 8333.96$の高値を付けてから下落へと転じ6785$まで先週末に下落しました。

・移動平均線のSMA200を超えることが出来ず、下落へと転じています。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:7500$

サポートライン1:6000$

BTC/USDを日足で分析すると、

2018/07/18に6700$のレジスタンスラインを超えてからは約2週間上昇しましたが、高値 8336$を付けてからは下落へと転じ、現在の値はサポートライン6700$を割り込みました。

下落基調が続いたことで、前回の上げ高は全て帳消しになりました。

また、移動平均線のSMA100とSMA52で形成された雲も下抜けたことで下げ止まる要素がなくなりました。

唯一下げ止まる可能性としては、6700$を割り込んだが再度、この値より上で値が推移すれば可能性があります。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で分析すると、

移動平均線のSMA200を一時超えましたが結局、押し戻されてしまったことでSMA200を大きく割り込み、大陰線が形成されました。

さらに、前回のレジスタンスラインである6700$(現在のサポートライン)も割り込んだことで、6000$が視野に入ってきました。

ここ最近の大きな下落の最中に、ロング・ポジションを保有していたユーザーのロスカットが発生したことが要因と推測します。

今後の展開として

・下降トレンドラインに沿って下落が継続すれば6000$まで値を下げる可能性が出てきました。

・6000$を割り込むと2018/06/24に付けた安値 5616$付近がターゲットになります。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*