FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/08/29

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは2018/06/24につけた今年の最安値 5616$付近の5883$まで下落したあとから反発し6000$付近が底堅いことを確認しました。

・6日連続で続伸し、直近高値の6864$のもブレイクしました。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:7150$

サポートライン1:6000$

BTC/USDを日足で分析すると、

今年の最安値 5616$付近の5883$まで下落したあとから反発し6000$付近が底堅いことを確認した後からは続伸し、現在は徐々に底値を切り上げる展開となり2018/08/22に付けた高値 6864.10$もブレイクしました。

2018/07/31から大幅に下落し、下降トレンドラインに沿って推移していましたが、現在は上昇トレンドラインが形成され、底値を切り上げながら上昇しています。

今後、上昇トレンドラインを割り込まない限りは、さらに上昇する可能性があると推測します。

また、7150$のレジスタンスラインをブレイクした場合は、移動平均線のSMA200がある7750$付近が次のターゲットになります。

BTC/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足で分析すると、

現在、上昇トレンドラインが形成され、移動平均線のSMA100、SMA20よりもローソク足は上に位置しており、SMA100、SMA20も右肩上がりになっています。

さらに移動平均線のSMA200もブレイクしたことから短期的には上昇傾向にあります。

しかし、7150$のレジスタンスラインは前回大きく下落したポイントになりますので、これをブレイクするには少し時間がかかる可能性があります。

しかし、上昇トレンドラインを割り込まない限りは上昇の勢いは継続すると推測します。

今後の展開として

・前回大きく下落したポイントの7150$をブレイク出来るか否かが注目されます。

・上昇トレンドラインを割り込んだ場合は、再度、今年最安値の6000$割れが視野にはいる可能性が出てきます





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*